中日ーヤクルト(16回戦)

DSC00693.jpg
初回に先制を許すも1回裏無死、今日も先頭の岡林選手が第1打席で二塁打を放ちチャンスを作ります

DSC00717.jpg
1回裏1死三塁、ビシエド選手が左前にタイムリーを放ち、すぐさま同点に

DSC00900.jpg
2回裏無死二、三塁、龍空選手の右前タイムリーで勝ち越すと

DSC00984.jpg
大島選手のタイムリーなどで追加点、4−1とします

DSC00834.jpg
初回に1点を失いますが、先発の髙橋宏投手は2回以降を無失点に

DSC01412.jpg
髙橋宏投手、6回表に1点を返されると、7回表には先頭打者に四球を与えた所で降板に、
二番手でマウンドに上ったのは齋藤投手

DSC01471.jpg
そして勝野投手とつなぎ、7回表のピンチを無失点で切り抜けます

DSC01794.jpg
9回はマルティネス投手が締めてゲームセット、逃げ切って4−2で勝利

DSC08095.jpg
勝ち越しタイムリーの龍空選手、25セーブ目を挙げたマルティネス投手、4勝目を挙げた髙橋宏投手
チームも連勝でカード勝ち越しを決めました

この記事へのコメント